Créer mon blog M'identifier

活出壹份快樂自信的樣子

Le 31 octobre 2016, 05:38 dans Humeurs 0

很多情況下,我們的心情總會被天氣幹擾,影響,因為天氣的好壞,而變得快樂或者晦暗。不堅定的內心,會使心情,被天氣左右。然而天空,永遠不會因為人們的意誌來改變它的狀況和行動,它的晴雨從來都是簡單的來去。我們每壹個人的內心,有時候都存在很多困惑,不確定的因素,爾後,又總會莫名受到外界的因素,影響自己的行為和心情。就像壹首歌詞裏唱的那樣,“站在別人的雨季, 淋濕自己空彈壹出戲。”因此支配妳思想,行動的,不是妳的內心,而是不必要的外在。

如果說人生是壹道題,那就是壹道選擇題,我們壹生都活在選擇裏,迷茫的內心,會讓我們選擇錯誤,判斷失誤,不堅定的選擇,總會給我們留下許多遺憾,放棄了最初的美好和執念。也許,就是壹些遺憾的存在,才讓我們的生命,生出遺憾的美麗。但是無論,我們的人生怎麽選擇,我們都不要試圖去改變周遭的環境來適應自己,因為當妳沒有能力改變環境的時候,妳只能改變自己來適應環境。就像這十月的秋雨,縱使改變不了它停滯的腳步,但是可以改變自己的思維方式。

生命中,也正是因為有了風雨,壹顆世廛紅塵的內心,才會變得堅強豐腴。只是在生活中,更多的人,在逃避,妥協,試圖改變別人來滿足自己,殊不知,與其設法改變別人,不如先默默的改變自己,讓自己變得陽光,充實,變得暖和,這樣暖了自己,也會暖了別人。假如妳的改變,只是為了迎合他人,趨炎附勢,大可不必。壹個人只需要率真,善良的活著,毋須在意別人怎麽看妳,這些都並不重要,重要的是自己要,可以給親人和朋友,帶來安全感,帶來微笑的陽光。壹個人如果沒有安全感,沒有陽光,妳的改變也是徒勞的,是無功的,生活同樣是失去活力的。

不畏懼生活的風雨,敢於穿透命運的荊棘,不與生活裏的困境妥協,風雨路上,壹路帶著美好和希望前行,才能讓我們的人生更加完美和值得。這秋,早已經深去,白露也已經過去幾天了,可是雨水,從夏末至到現在,只能用手指頭來數,用幾斤來衡量。有時候,即便是獨自坐著,心也會像奔馳的無羈絆之野馬。

壹早壹晚的天氣,還是夾雜了幾分涼意,只是中午的時候,也會偶爾出現三四十度的高溫,熱得汗流浹背的,不過對於我來說,夏天再熱,都不會抱怨,而是心生歡喜。早起,壹如既往慵懶的坐著,放壹本喜歡的書籍在手邊,或許並不閱讀,只是單單就這樣放著,也覺得心間安穩踏實。手托著下巴,坐在椅子上,向來已經習慣了這慵懶的姿態,靜靜凝望路上行人匆忙,有微風吹來,帶來壹抹細微的涼意。

郁結之意纏綿而苦澀

Le 17 octobre 2016, 05:51 dans Humeurs 0

風月無情,雲淡花疏,天涯苦遠,相思淚深。心在帳中帶壹絲苦澀,邁而無奈踉蹌之步履,於心以妳輕淺之塗,愈畫愈深,醉孤之心。長者惟漾於不醒之情,更年期於月圓、月曲時望。於無悔之時裏,誰之心比明月更悠?誰之思為相思透?心止於雨落之津,煢煢獨品與寂寞。壹剪晚風怎能滌蕩之惆悵與悲?可知惟之癡、猶輕掛在那遠之雲梢?行不出者盈缺,此時搓成守望之長河,以重叠之憂深鎖。可知那壹簾之底裏,其級之月影中,那晚煙之流間,郁矣幾之清愁?今夜,我為妳寫滿滿的心語,那是我繾綣纏綿之情,那是我情脈脈之顏,則是我之祝福誠永。

將萬縷情絲,兩心囚。以;花開為詩,葉落成詞。今夜,於是素箋盈上為君寫下三千愛戀,以至情之筆、以妳與我夢焉。情切切,意脈脈。攜手相約,情田種,印雙心。久徘徊,而理不清風花雪月之夢,無數眼繞惟依依。光已凝眺之,清影裏纏著朦朧之淚光在心海裏轉,郁結之意纏綿而苦澀。落花俗之雕零香港如新、序之思於淚光中簸,將日燦之憂付之空,遍苔痕之級上,猶風盈立,諸弦者風寄來時之叢生,令植之思。襲壹身蘭之幽香,在最深之紅塵裏,與君共遊乎開滿桃花之路,使樂於睫上動,使幸福在眉上淹留。芳成壹簾底,盈入心使我臆斷懸度…亦復醉,亦覺!今夜思君,憶君,裙裾兮兮,靈履款款,賦君壹曲琴瑟幽韻。化身粉蝶成雙成對,穿越桃花爛漫,暖心相惜,款款柔情心相予。奢續五百年不息之千年緣。不變之癡情。。。。、今夜,蝶馥穿心.情共醉!時光潛瘦,歲月之振落塵埃,陌上相逢如初見,獨守在亙古之思,纏綿著心中不滅的夢魂,去歲折痕今宛在。緣起,念;紅顏情繾綣,潤了心扉,鑲滿的情懷,心為筆,夢做箋。踏著盈盈壹水,畫船載酒瀟湘去,情牽何兮,千裏已窺煙水長天闊。雨落輕弦,絲絲扣心。凝眸之情,壹簾幽棲之夢,壹紙淒婉之詞。深心為界,去塵囂與紛紛;記憶為痕,唯往與閑思。身外大千,凡多紛擾;心如白羽,而靜風塵。雨簾輕掩,隔紅塵於底;珠翠相依,諾寂寞於心痕。清之露,難入雜塵;彎月之幽輝實現夢想,不如深閨素?

ニクが仰天し

Le 21 septembre 2016, 09:17 dans Humeurs 0

「ええ、絶対に」
 そこへベルディンが翼で風を切るようにして急降下してきた。「ポルガラ、やらねばならぬ仕事ができたぞ」かれは元の姿に戻りながら言った。「やつらが西から運んできたこの嵐をぶち破らねばならん。おれは双子と相談した。連中は南側から、われわれはこちNeo skin lab 好唔好ら側から力を合わせるのだ」
 彼女はいぶかしげな顔でおじを見た。
「やつらの軍隊は嵐の背後から近づいている」かれは説明した。「もはや嵐を押し戻すことはできない。すでに勢いがつきすぎてしまったからな。われわれは嵐の最後部を押し破り、そいつをアンガラク軍に吹き戻してやるのさ」
「いったいこの嵐には何人ぐらいのグロリムがかかわっているの」ポルガラがたずねた。
「そんなこと、知るもんかね」かれは肩をすくめてみせた。「だが、やつらもそのために最後の一滴まで力をふるい起こしているのだ香港護眼中心。われわれ四人で力を合わせて、いっせいに後ろを攻撃すれば、嵐の猛威だけであとの仕事をやってくれるさ」
「なぜ、そのまま通過させないんです?」ダーニクがたずねた。「われわれの軍隊とて子供じゃありません。たかがスコールぐらいでちりぢりになったりはしませんよ」
「あいにくと、これはたかがスコールではないのだ、鍛冶屋」ベルディンがとげとげしい口調で言った。何か大きな白いものが数フィート先の地面にどさりと落ちる音がした。「こんな雹が四、五個も頭の上に降ってきた日にゃ、戦いのことなどかまっちゃおれなくなるぞ」
「まるでめんどりの卵ほどもある」ダーたような声で言った。
「たぶん、ますます大きくなるだろうよ」ベルディンはポルガラの方に向き直った。「さあ、手を貸してくれ」かれは言った。「おれがベルティラに合図を送ったら、四人でいっせいに攻撃を開始する。用意はいいか」
 さらに何個かの雹が湿った草地の上に落ち、中でも特に大きいものが、驚くべき力で岩に激突して、何千もの細かい氷片となって砕け散った。連合軍のいる方角から、断続的に落ちる雹がミンブレイト騎士団の鎧や、歩兵軍の慌ただしくかざされた楯に激突する金属的な音が聞こえてきた。
 そして雹とともに激しい豪雨が襲いかかった――風にあおられた水のカーテンが、荒れ狂う波のようにわきたった。もはや目を開くことはおろか、呼吸することさえ困難だった。オルバンはセ?ネドラとエランドを守るために楯をかかげて、前に一歩躍り出た。巨大な雹が肩にあたり、若者は顔をしかめたが、楯は揺るぎもしなかった。
「もう少しで破れそうだぞ、ポル!」ベルディンが叫んだ。「さあ、もう一度やるんだ。連中の嵐を、やつらにお見舞Neo skin lab 黑店 いしてやろうじゃないか」

Voir la suite ≫